イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」(男の子向け)の使用レビュー

ユーコ

ユーコ
こんにちは。「ランドセルの123」編集長のユーコです。

この記事では、イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」を購入したkumiさんに実際使ってみてのレビューを書いてもらいました。

kumiさん

kumiさん
はじめまして。kumiといいます。

息子が使っているイオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」のレビューをお伝えします。

ご参考になればうれしく思います。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」を検討したいきさつ

我が家が購入したのはイオンのランドセル、「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」です。

年長の6月に購入しました。6月の時点で注文して全額クレジットカードで支払いました。

実際に自宅に宅配便で届いたのは12月でした。送料はかかっていません。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」の色とその色を選んだ経緯

ブラック×マリンブルー、背あてブルー。もともと黒を基準に探していましたが、この黒と背あてのブルーがよかったので。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」の価格と予算

43,000円です。はっきりとした予算はなかったのですが、50,000円以内といったところで考えていました。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」のデザインで優れているところ

一番気に入ってるところは背あての色。鮮やかなブルーです。

他のランドセルはほとんどが白か薄い水色だったのですが、これは濃いめの青、マリンブルーという感じの色ですね。

とてもキレイな色でしたし、とくに夏など背中に汗をかいて汚れが付いてきた時に薄い色より濃い色のほうが目立たなさそうと思い決めました。

実際に登下校が40分から50分かかるので、夏は行きも帰りも汗びっしょり。ですが今のところ、サッと拭くだけで汚れはありません。

あとは男の子なので6年生まで使うことを考えると無難な黒がいいと思って、黒で探していましたし、息子にも黒を勧めてしました。本人もこのブラック×マリンブルーの色が気に入ってるようで、今もしっかり毎日背負っています。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」の耐久性は?

やはり男の子なのでとにかく丈夫なほうがいいと思って、かぶせ素材はクラリーノタフロックにしました。

なんせ男の子は家に着くと本人よりランドセルのほうが先に飛んで帰ってくると聞いていたし、やっぱり扱い方は雑です。

とくに息子はやんちゃなほうなので、丈夫さは気にして選びました。

実際に耐久性はあるので安心していますが、今のランドセルは6年間使うことを前提に作っているので、そんなに簡単に壊れるものではないのでは?と思い、そこまで丈夫さにこだわらなくてもよかったのかも。とも思っています。

カバーを付けていますし、同じ学校の高学年の子たちもみんなランドセルをしっかりと背負っています。

多少の型崩れや傷はありますが使用するのに不便はとくになさそうです。余程のことがない限り、6年間は使えますね。

大きさについても、今の教科書やプリントもA4サイズが主流なのでほとんどのランドセルがA4サイズが入る大きさになっています。

重さも昔に比べたらどれも軽くなってきていますので、多少の違いはあまり気にしなくてもいいですね。

どんなに軽くなっていっても教科書やノートを入れれば、1年生にとっては重たいですが、次第に体力も付いてきますので大丈夫です。

イオンのランドセル「トップバリュかるすぽグランデスポーツ」を買った決め手と評価

最後に決め手となるのはお値段です。

祖父母からの援助はありましたが、やはりそこまでお高いのは買えませんので、常に値段は見ていました。

そして年長の6月に購入した理由の一つに早割がありました。

その時は15%割引だったので大きいですよね。さらにイオンのランドセルにしようと思ったのは、

  1. 家の近所にイオンがあり、万が一修理が必要になった時にすぐに対応できること
  2. 我が家ではイオンの株を持っているので、のちに3%のキャッシュバックがある

というのも決め手でした。

ですので実際には43,000円−15%×消費税8%-3%=¥38,289で購入することができました。

さらにはクレジットカードで支払いましたので、クレジットカードのポイントもつきました。

ランドセルの購入にはクレジットカード不可の販売店も多くありますが、イオンなどの大手では間違いなく大丈夫でしょう。

しかしながらやはり使う本人が気に入って使えることが一番だと思います。

昔は男の子は黒、女の子は赤、と決まりごとのようなことがあったランドセルですが、現在ではさまざまな色や模様がカラフルに展示されています。

子供もそうでしょうが、親も目移りしてなかなか決められないこともあると思います。でも子供たちは色や形、値段で区別や差別することはなく、みんな仲良く登校しているようです。

Yahoo!ショッピングでお目当のランドセルを探す