ランドセルに名前は必要?どうやって名前を入れるの?名前入れの方法と注意点

ユーコ

ユーコ
こんにちは。「ランドセルの123」編集長のユーコです。
ランドセルに名前は必要でしょうか?

この記事ではランドセルにどうやって名前を入れるのか、名入れの方法と注意点について書いています。

ご参考にしてください。

ランドセルに名前は必要なの?

最近は、ランドセルに名前を入れるサービスを利用する人も増えてきており、ランドセルに名前を入れることを「名前入れ」と呼んでいます。

一般的に販売されている多くのランドセルは、ランドセル自体に名前を入れるのではなく、ランドセルの蓋を開けたときに見える部分に、名前や住所などを紙に書いて入れておくポケットのようなスペースがあるタイプがほとんどです。

これは万が一、通学中に交通事故に遭ってしまった場合などに、いち早く身元を特定し医療機関に搬送したり、保護者に連絡をつけやすくするという意味合いもあります。

また何十人、何百人と子供がいる小学校では、似たようなデザインのランドセルを背負っている子はたくさんいます。

またまるっきり同じランドセルの子供がいる場合もありますから、ランドセルの内側にでも名前が記されていれば、ランドセルの持ち主がはっきりして、取り間違いを防止するできます。

従来通りのポケットのようなスペースに名前を記すだけではなく、ランドセルに名前入れをする最大の意味は、世界にたった一つのランドセルを我が子に送れることです。

6年間背負うことになるランドセルは、子供にとっても、親にとっても特別な存在になるでしょう。

子供の成長を感じられる特別なカバンに、健やかな成長を願う気持ちを込めて、購入時に名前を入れて子供に贈る。

子供が大人になった時に見返せば、親がどんなに愛してくれていたことか、ランドセルからも伝わってくるのではないでしょうか。

ランドセルに名前を入れるための方法は?

ランドセルに名前を入れるための方法はいくつかあります。

無料で名前入れを請負ってくれるお店もあれば、有料の追加オプションで名前入れができるお店もあります。

名前入れが可能なランドセルを販売している多くの店は、有料サービスで名前入れを行っているところが多いでしょう。

店頭販売されているランドセルのほとんどは、名前入れのサービスを受け付けていません。

名前入れのランドセルは、

  • オンラインショップ
  • ランドセルのオーダーメイドを受けているお店
  • 百貨店

などで購入できる店があります。

ランドセルの販売元で名前入れのサービスを行っている場合には、購入するときに名前入れのサービスを利用することを伝えれば、納品される時には名前が入った状態で手元にランドセルが届きます。

オンラインショップで名前入りのランドセルを購入する場合には、名前入れを選択するボタンがあるのでそちらをクリックし、備考欄などに記載したい名前を入力。

また街の鞄屋さんや、革製品の制作を行っている職人さんのいるお店では、既成のランドセルを持ち込めば、名前入れを請け負ってくれるところもあります。

好きなデザインのランドセルを購入した後で名前入れをしたいときには、カバン屋さんや革製品を取り扱うお店に相談してみましょう。

名前入れの方法

ランドセルの名前入れの方法は、

  • 革に直接加工する
  • 刺繍
  • 金属製のネームプレートに刻印

と大きく分けて、3つの方法があります。

それぞれまったく違った手法なので、出来上がったときのデザインが印象も大きく異なります。

それぞれの名前入れの特徴を掘り下げて見ていきましょう。

革に直接加工する名前入れ

ランドセルの革部分にレーザー加工や彫刻などで名前を刻印します。

仕上がりはとてもシンプルで、スタイリッシュでクールな印象を与えるのが特徴です。

男の子用のクールなデザインのランドセルに名前入れをするときには、ランドセルの雰囲気にマッチしてとても自然な仕上がりとなります。

もちろん女の子用でもスッキリとした印象で素敵です。

人口皮革のクラリーノの方が加工はしやすいので、クラリーノに直接加工を施すことが多いのですが、ブランドによっては天然皮革にも名前の刻印をしてくれるところもあるようです。

刺繍を施す名前入れ

オーダーメイドでランドセルを作れるお店に多いのが、刺繍でのランドセルの名前入れです。

ランドセルの蓋の裏にあたる部分や、内側に直接名前を刺繍で入れてくれるサービスで、きめ細かい作業工程が必要なため、名前を入れないランドセルよりもさらに納品期間がかかってしまいます。

刺繍での名前は優しい風合いが特徴で、温かい印象です。

金属製ネームプレートに名前入れ

金属製の小さなプレートに機械で名前を刻印し、ランドセルの内側やサイドに固定するタイプの名前入れは、作業工程も複雑ではないため、名前入れによってランドセルの納品期間が大きく遅れることはほとんどありません。

無料でサービスが受けられるお店もありますし、お店によっては有料のオプションとして対応しているところもあるので、確認が必要です。

 

名前が刻印された金属製のネームプレートがアクセントとなって、アクセサリーを身につけたようなオシャレ印象となります。

ランドセルに名前入れする際の注意点

ランドセルに名前を入れる際にはいくつかの注意点があります。

名前入れをランドセルの目立つところにしてしまうのは、防犯上良くありません。

ランドセルの表側に名前を入れてしまうと、知らない人にも名前が知られてしまうため、不審者に名前を呼び止められてしまう可能性もあるでしょう。

最近は、不審者に生徒の名前を知られないように、名札を外して登下校をするよう指示している小学校も増えてきています。

ランドセルに名前入れをする際には、ランドセルの内側や底の部分など、目につきにくいところに名前を入れるようにしましょう。

またランドセルの名前入れには時間がかかる場合が多く、入学式のギリギリに注文してしまうと間に合わない可能性が出てきます。

名前入れをしているランドセルを使わせたいと思ったら、入学式の半年以上前に予約をしておくことをオススメします。

とくに刺繍での名前入れを希望している場合には、早めにランドセルの購入を検討しましょう。

ランドセルの名前入れを無料でやってくれるお店もありますが、多くの場合は有料のサービスとなりますので、名前を入れないデザインのランドセルよりも少し料金がかかる事は覚悟しておきましょう。